読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クヒオ大佐とウォルター・ミッティー

下のリンクはeBayで買った偽の勲章をつけてパレードに出たり,職を得たりする人たち(Walter Mittys)についての記事

www.bbc.com

これを読んでクヒオ大佐を思い出さずにはいられなかった.

クヒオ大佐については下の2点を読むとほとんど分かる.

クヒオ大佐 - 作品情報・映画レビュー -KINENOTE(キネノート)

クヒオ大佐 - Wikipedia

一時,報道ステーションのコメンテーター,ショーンKさんの件で取り上げられたので覚えている人も多い.アメリカ空軍の制服を着た結婚詐欺師である.

BBC Newsの記事では,

Walter Mittysを訴追するための法律が成立直前だが,Walter Mittysはそうしなければ自尊心を保てない哀れむべき人々であり,どの人にも嘘で自分を飾る傾向が少しはあるはずだ.

と言われている.

上にあげた堺雅人扮する映画のクヒオ大佐もおそらくこのように描かれていた.詐欺師なので,勲章の信頼性を下げ,本物の軍人を貶めるというより人の人生を狂わせ,金を巻き上げるという点でより悪質ではあるが.

映画でのクヒオ大佐は,幼少期の辛い記憶を塗り隠すために嘘を重ねていったようである.おそらくWalter Mittysもそういう人たちだろう.

子供には嘘をつくことがダメだと教えるより,嘘をつく必要がなく安心して自己を形成できるような環境で教育をすることが重要だ.

ホメテヤラネバ,いや,ホメネバ

ある人が学校で1位の成績をとったという.実力テストの国語だそうだ.「すごいね」と声をかけ,「君はよく考えるし,素直でだから,後でよく伸びるよ.それには繰り返すことが足りないね」などと言おうとしたが,「もっとすごいんです」と切り返された.もう少し褒めようとしたが,一度失った信頼は取り戻し難い.「もっとすごいんです」

外山滋比古『思考の整理学』に「ホメテヤラネバ」という節がある.その一節に,

いわゆる頭のいい人ほど,欠点を見つけるのがうまく,長所を発見するのがへたなようである.

とある.普段リコゲにしている自分に響く言葉だ.その続きにピグマリオン効果のことも書いてある.あらましは次の通り.

  1. 40人の生徒のいるクラスをA,Bの2グループに分ける.
  2. テストをする.
  3. Aグループには採点した答案を返す.
  4. Bグループは答案を見ず,教師がひとりひとり生徒を呼んで,テストの成績はよかったと告げる.
  5. 2 - 4繰り返し.
  6. 両グループの答案を採点する.
  7. 褒めるだけだったBグループの方がAグループより平均点が高い.

きっとこちらが余計な気を利かせた助言をするより,目の前の達成をきちんと認め落ち着いて褒めることの方が重要なのだろう.しかしどうしたことか,感情が高まると愛おしくなってしまうのだ,許してほしい.

危うく火事

日記

隣の家の高校生がマッチを借りに来た.茶を点てて飲みたいらしかった.ガスがあるからそれで湯を沸かしたらいいと言うと,どうしても薪で沸かしたいのだと答えた.家には煙突がついていないし煙くなるだろうと思ったが,庭先でやるらしい.マッチを渡すと,この前は点けられなかったんですが,もう一発で点くようになったんです,と一本擦った.確かに今日は乾いているからか,大きな火だった.それを吹き消して材木の積んであるところに投げた.こら,息じゃなくて手で振って消して水に浸すんだ,とすべて言い終えないうちにもう一本擦った.また吹いて捨てた.空にある間火は消えていたが,薪の中に落ちると橙に明るくなった.走ってホースを繋いで水を撒いた.二,三炭になった上に他も湿って駄目になったじゃないか,とマッチをひったくろうとすると,手をポケットに仕舞い,ではお詫びにお茶を点てましょうと家の中に入っていった.

目を覚まして

最近業務中でも眠い.茶でも飲んで目を覚まして頑張ろう.