かぎラン

2000字くらいの、読んで面白い記事を書きたい。

親切は継続してこそ

親切は継続されてこそ意味がある。それは、その親切が信頼され、目標を達成することができるからだ。滅多に起こらず、緊急性を要する自体に対処する親切行為、例えば一般人が行う救急救命、は別だが。

親切は相手の必要に応えるために行われる。相手の必要が満たされるまでは継続すべきだ。また、必要を抱えている相手が変わったとしても行うべきだろう。どれが公平というものだからだ。

逆に言えば、継続できない親切行為は丁寧に断るべきなのだろう。相手を安易に信頼させるべきでは無いし、こちらの心身の資源も限られている。一時の感情の高まりで親切を行うのは無責任でさえある。