かぎラン

2000字くらいの、読んで面白い記事を書きたい。

ある教会の教会学校では練習5回

ある教会の教会学校では、担当者はお話当日の10日前に梗概(アウトライン)と完全原稿(スクリプト)を送り校正してもらうことになっている。校正後は、最低5回(できれば?7回)練習する。

当たり前だが、梗概だけを書いたところで言いたい言葉がスラスラと出て来るわけではない。原稿を書いたとしてもそれを覚えているわけではないので、話に抜け漏れが出て来る。

本番を想定した練習は、伝えるためには大事なことだ。