鍵蛋帖

日記です.細かく読まないでください.笑

意欲的な高校生のためのシンプルなおすすめ参考書10選【英語】

学習意欲のある高校生(高校生すべてではない)が余裕を持って東大に合格できるようなオススメの参考書を紹介したいと思う.ただ,参考書だけで合格できれば世話ないので,この記事を参考に自分でどんどんカスタマイズする必要がある.自らの道を自分で決めること(自道自決),そしてときに自ら脇道へ逸れること(偶自逸道),これが合格への近道だ.その際には,どの参考書を使うにしても自分のモノになるまで繰り返すことを忘れないこと.

すべて一般的な書店で購入できるものなので,必要ならば実物を確かめてほしい.また,そうして購入する場合はできるだけ立ち読みをした本屋さんで買ってほしい.立ち読みできたのはその本屋さんのお蔭なのだから,感謝を込めて.

単語

なんと言っても先立つものは語彙.ここで一番頼りになる参考書『DUO 3.0』が登場する.初っ端から真打登場というわけだけど,結論から先に言うことにする.

初級編

この単語集でセンターレベルの語彙を1年生のうちに押さえておいてほしい.本書は大学入試データの分析により,頻度の高いものから効率よく学習できる.まずは一語一義を抑えよう.

公式アプリから音声を聞くこともできる.

学習アプリ|ソフト教材・デジタル教科書|数研出版

中級編

DUO 3.0

DUO 3.0

英語学習の同志となっていくのがこの語集だ.「英語学習のいろは唄」を目指して作られたもので,1つの例文から5,6個の単語・熟語等を覚えることができる.しかも,560本の例文を覚えれば,それを英作文に使うこともできるという画期的な特徴がある.

初めは知らない単語が多くて答えるかもしれない.しかし,友達と競うようにして例文暗記をすれば,そのうち視界が開けるような瞬間があるだろう.

DUO 3.0 / CD復習用

DUO 3.0 / CD復習用

また,ある程度覚えた段階で活用してほしいのが,この復習用CDだ.このCDを使えば,560本の例文をわずか60分で復習できる.通学時間・他の待ち時間などに活用し何回も復習すれば,和文を聞いた途端に英文が口を衝いて出てくるはずだ.そうなれば合格は近い.

上級編

速読英単語2上級編[改訂第4版]

速読英単語2上級編[改訂第4版]

はっきり言って,DUOを完璧にしてしまえば語彙に関してはいうことはない.したがって,速単の上級編をやる必要もない.ただ,新たな戦友を求めている高校生には良き伴侶となってくれるだろう.自分としては,語彙トレーニングよりもむしろ長文読解トレーニングの目的で取り組んだ側面が大きい.

文法

文法解説書

やれ改訂だ,絶版だ,新刊だと最近忙しいのがこの界隈.一昔前だと『Forest』,学校だと『be』が有名だろうか.基本的には学校で買わされるものを使えばいい.ただ,A5版(文庫本より大きくて,大学ノートより小さい型)の文法書を持ってないなら,自習の供を用意するべきだ.

アトラス総合英語 英語のしくみと表現―ATLAS English Grammar and Expressions

アトラス総合英語 英語のしくみと表現―ATLAS English Grammar and Expressions

アトラス総合英語は例文の質が高く,様々なパタンの音声がダウンロードできるという点で優れている.他には,『一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)』があるが調べ物には向かないし,『ロイヤル英文法―徹底例解』や『表現のための実践ロイヤル英文法(例文暗記CD付き)』はモビリティに欠けている.もしあなたが「生きているうちに文法解説書を1冊しか買えない」ように呪われているとしたら『表現のための実践ロイヤル英文法(例文暗記CD付き)』を勧めるが,受験勉強での使いやすさを鑑みてここではアトラス総合英語を推薦する.

高2の夏までに「和文→英文」の音声を何度も聞いて例文を暗記しよう.また,日々の演習で気になった文法事項を片っ端から引いていこう.何度も触れれば,付け焼き刃の連中に絶対負けない力がつく.

文法問題集

VALUE 1400』に引き続き数研出版の参考書.徹底したデータ分析が同社の特徴だ.かといって実用英語から乖離していないのも受験生にとっては嬉しい.高2の夏に1日15分で良いのでやっておくこと.第1部「文法」をひと通り流しておけば,夏以降の文法演習がラクになるはず.

構文

これは焦ってやるほどのことでもないが,読解問題を解いていると偶に「おや?」と思う英文が出てくる.そんなときのため,英文の構造を見極めるトレーニングをしておく必要がある.要は「S,V,O,C,Mが判別できますか」,「接続詞がつないでいるのは何と何ですか」というだけの話だ.

英文解釈教室〈新装版〉

英文解釈教室〈新装版〉

この書は読み応えがある.とても一週間で読めるようなものではない.ただ,この本の,論理で英文を解釈する力を身につけると,今まで詰まっていた英文が疑問なく読めるようになる.そういう込み入った構文は廃れつつあるので,本書の役割も低下している.しかし,やはり論理の力は強力で,どんな英文でもバリバリ砕いてしまうのだから,様々な英文を読みこなす上でこの書の果たす役割は大きい.

最初はあまり肩肘を張らず,「勉強になればいいな」という心意気で入るといいかもしれない.本格的にやってみようという気になれば,ぜひ格闘することをお勧めする.

長文(リーディング・リスニング)

現行(2010s)各大学入試の大部分にして要諦である長文読解.学校でももちろん演習するが,それでは飽き足らない高校生のためにいくつかのシリーズを紹介したい.長文演習の要点は2つ.

  1. 高校1年生から演習を積み重ねること.
    • 「単語がまだ身についていません」,「文法が(仝)」という人がいるが,易しいものでいいので英文を読むのに慣れるべきだ.
  2. 本文の音声を聞き,何度も音読すること.
    • 周りを見ていると意外と多かったのが,これに気づいていない人たち.噛まずに飲み込めば味わいもないし,栄養もない.

豊富な背景知識が役に立たないはずはないので,母語での情報収集に励むべきことも加えておく.

イチから鍛える英語長文

このシリーズはただ問題を並べているだけではなく,要約問題がある.また,長文を復習する方法が具体的に載っている。以下の画像を見て欲しい。

f:id:keyprotein:20170907015738p:plain f:id:keyprotein:20170907015757p:plain f:id:keyprotein:20170907015808p:plain f:id:keyprotein:20170907015827p:plain f:id:keyprotein:20170907015833p:plain f:id:keyprotein:20170907015840p:plain

以上はこの本からの抜粋だが、これほどまでに丁寧に復習法を解説してくれた参考書があっただろうか。これを読んでいる高校生・塾の講師は今すぐ『やっておきたい』シリーズなんか窓から放り出して、こちらを購入して欲しい。

なお、『イチから鍛える英語長文Basic』は高校1年生の1、2学期を想定したレベルで、高校入試問題も載っているので、受験生は注意されたい。

▼ 基礎レベル

イチから鍛える英語長文Basic (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))

イチから鍛える英語長文Basic (CD&別冊「トレーニングブック」つき (大学受験TERIOS))

▼ センター 〜 私大標準レベル(?) ▼ センター 〜 私大上位レベル(?) ▼ センター 〜 私大難関レベル(?)

大学入試 全レベル問題集 英語長文

『イチから鍛える』シリーズの該当レベルをやりきってしまった人はこちらから選んで取り組もう。単にレベル分けが多いだけでなく、簡にして要を得た長文を読むための文法解説がある。音声もシャドーイング用とディクテーション用が収録されており、リスニング力の向上にもうってつけだ。なん度も繰り返す価値のある参考書である。

▼ 基礎レベル

▼ センターレベル ▼ 私大標準レベル ▼ 私大上位レベル ▼ 私大難関レベル ▼ 国公立レベル

英作文(ライティング)

過去問にいわゆる「自由英作文」が載っていて狼狽している高校生は多いのではないだろうか。もしくは、英検を受けようとしてエッセイに戸惑っている人もいるだろう。

最初から自由英作文をかけるようになろうとする必要はない。文法解説書や『DUO 3.0』を使って英文の型をまず習得すべきだ。その後で和文英訳の練習をし、英語で表現することに慣れる。それから自由英作文に取り組むのが理想的だ。和文英訳と英文を構成するときの頭の使い方について学べる2書を紹介したい。スピーキングの参考書は取り上げないが、それはスピーキングが瞬間口頭英作文であり、自力トレーニングとしては「英作文 + シャドーイング」という形にならざるを得ないからである。

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

英作文で必要となる表現が100の英文にまとめられている。のみならず、その表現が生まれる理由を見開きで解説している。これだけで英作文の勉強を終わらせてもよだろうし、とっかかりとして100文を覚えるために使うのも悪くない。

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

決定版 竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本

こちらは問題集形式で、誤答例に対する解説も豊富だ。大学入試に向けて勉強したいときにはこちらがおすすめ。